CMSの比較・選定ポイント

CMS

CMSとは

CMSとはコンテンツマネージメントシステム(Content Management System)のことで、主にWebサイトのページの更新や管理を行うシステムです。

ブラウザからHTMLの知識が無くてもコンテンツを投稿でき、内容の承認や公開スケジュールの管理が行えます。

CMSの目的と役割

CMSの役割は「Webサイト全体の管理」と、掲載する「コンテンツの管理」が主になります。Webサイトを管理するメンバーや利用するデータの管理を行い、ブラウザを利用してコンテンツの作成や更新を簡単に行えるようにします。

CMSのメリット(外注費削減など)

CMSの主な導入メリットは「外注費の削減」「スピードアップ」「サイト管理の強化」です。CMSによってメリットや実現可能なことは異なるため、目的に合わせたCMSの選定が重要になります。

外注費の削減HTMLの作成や更新を外注などで行う場合、外注費がかかります。CMSを導入することで、簡易的なコンテンツの作成を内製化できれば外注費の抑制が可能になります。
スピードアップCMSによって内製化が実現できれば、作業の依頼や確認といったやり取りの時間が削減でき、情報発信のスピードアップが実現できます。
サイト管理の強化CMSで複数利用者による更新でもデザインやパーツを管理し、承認や公開作業の統一が可能になります。複数のWebサイトの管理もCMSで行うことで品質やルールの統一も可能になります。

CMSツールの種類と比較・選定ポイント

オープンソースCMSと商用CMSの比較・選定ポイント

 オープンソースCMS商用CMS
ライセンス
費用
無料有償
開発個人・有志など企業
保守自己責任メーカー保証
拡張性高い限定的
安全性やや低い高い
導入数多い少ない
主なCMSWordPress、Drupal、Joomla!、
concrete5、TYPO3、baserCMS、シラサギほか
PowerCMS、MovableType、NOREN、
Sitecore、HeartCoreほか

オープンソースCMSは、無料で手軽に利用でき導入数が多いため脆弱性を狙われやすく、実際の被害も多く報告されています。安全性 を担保するためのコストも含めて考える必要があります

クラウドCMSとオンプレミスCMSの比較・選定ポイント

 クラウドCMSオンプレミスCMS
環境ベンダー管理自社管理
費用利用料ライセンス費用
保守利用料に含む別途保守契約
自由度制限あり高い
準備期間短い長い
主なCMSAcquia、HubSpot(CMS)、Blue Monkey、
Wix 、MovableType.netほか
PowerCMS、MovableType、NOREN、
Sitecore、HeartCoreほか

CMSが登場した2000年代前半は、オンプレミスCMSが主流でした。
最近ではAWSなどのクラウドサービスの浸透に伴い、クラウド型のCMSが主流に移り変わっています

クラウドはクラウドベンダーのリソースをネットワーク経由で利用 オンプレミスは自社内やデータセンターでユーザー自身が管理運用

静的CMSと動的CMSの比較・選定ポイント

 静的CMS動的CMS
表示速度速いやや遅い
拡張性低い高い
安全性高いやや低い
主なCMSMovableType、NOREN、PowerCMS、
WebRelease2、SITE PUBLISほか
Drupal、Sitecore、HeartCore、
RCMS、WordPressほか

世界では動的CMSが主流になっていますが、安全性やページ表示速度の優位性から静的CMSを選定する企業があります。
最近、静的CMSと動的CMSの特性を併せ持ち一つのCMSとして提供する「ハイブリッド型CMS」も登場しています。

国産CMSと海外製CMSの比較・選定ポイント

 国産CMS海外製CMS
開発元日本企業海外企業
国内サポート体制充実やや弱い
日本向け仕様充実やや弱い
多言語対応やや弱い充実
主なCMSPowerCMS、MovableType、WebRelease2、
ALAYA、SITE PUBLIS、RCMS、
Vibit CMS Neo、Blue Monkeyほか
HubSpot(CMS)、Acquia、Kentico、
Adobe Experience Manager、NOREN、
Sitecore、HeartCoreほか

ホームページの規模別CMSツール比較

小規模ホームページ向きのCMSツール(1000ページ以内)

WordPress、MovableType、HubSpot(CMS)、Blue Monkey、Wix、Jimdo、a-blog cmsなど

中規模ホームページ向きのCMSツール(5000ページ以内)

PowerCMS、HubSpot(CMS)、HeartCore、RCMS、Vibit CMS Neo、infoCMS、SITE PUBLISなど

大規模ホームページ向きのCMSツール(10000ページ以内)

NOREN、Drupal、WebRelease2、writeWired CMS、Joomla!、Kenticoなど

超大規模ホームページ向きのCMSツール(10000ページ以上)

Acquia、Drupal、Adobe Experience Manager、Sitecore、Oracle WebCenter Sites、TeamSiteなど

ホームページの種類別CMSツール比較

コーポレートサイト向きのCMSツール

PowerCMS、NOREN、TeamSite、HeartCore、WebRelease2、MovableType、InfoCMS、Vibit CMS Neo、SITE PUBLIS、ALAYAなど

記事サイト・ブログ向きのCMSツール

WordPress、MovableType、ferret One、Site Miraiz、Blue Monkey、 a-blog cmsなど

ECサイト向きのCMSツール

EC-CUBE、ecbeing、Shopify、Magento、Kenticoなど

会員サイト向きのCMSツール

HubSpot(CMS)、Kentico、writeWired CMS 、WordPress、HeartCore、RCMS、Acquia、Wixなど

製品・サービスサイト向きのCMSツール

Adobe Experience Manager、Oracle WebCenter Sites、Sitecore、Kentico、Drupal、Acquia、Vibit CMS Neo、RCMS、Shopify、Wixなど

CMSの機能

CMSのシステム管理・連携機能

メンバー管理、グループ管理、権限管理、ログイン履歴管理、セキュリティ管理、複数サイト管理、承認フロー、管理画面の言語、API連携、SNS連携、Googleマイビジネス連携、LDAP連携、SFA・CRM連携、ウェビナーツール連携、シングルサインオン、二要素認証、自動バックアップ機能、バックアップからの復元

CMSのコンテンツ制作・管理機能

記事・ブログ作成、デザイン設定、ドラッグ&ドロップ、自由ページ、ブログ、データベース機能、フォーム作成、会員専用ページ、サイト内検索、素材・パーツ管理、サイトマップ管理、パンくずリスト生成、公開管理、品質チェック、アクセシビリティ対応、翻訳機能、cookie同意管理、リンク自動生成、画像の自動最適化配信、Webサイト高速化、動画配信

CMSのマーケティング機能

アクセスログ解析、SEO順位チェック、問い合わせ管理、アンケート、メール配信、コメント・トラックバック管理、MA・Web接客機能、カート機能、ABテスト、広告管理、SNSアカウント管理、レコメンド機能、LPO、パーソナライズ機能

CMSにかかる費用と相場

CMSツールのライセンス費用

 オープンソース商用パッケージ商用クラウド
初期費用無料1万~3000万円0~300万円
年間費用無料1万~300万円1万~3000万円

CMSツールのライセンス以外の費用

初期導入費年間保守費
環境構築費用(CMSの設定作業など)システム利用料
システム設計費用環境維持費用(サーバ、CDNなど)
開発費用監視費用
カスタマイズ費用セキュリティ費用(WAF、DDos攻撃対策など)
データ登録費用保守費用
検証費用バックアップ費用
 障害時の復旧対応費用
 問合せ対応/テクニカルサポート費用

CMSツール別の導入実績

商用CMSツール(導入数順)

CMSツール名導入数導入企業
MovableType50,000東レACS、杏林大学、出羽桜酒造、集英社、一井工業
a-blog cms4,101東洋化学、新潟大学、トムス・エンタテインメント、サンライズビル
PowerCMS3,000SBテクノロジー、神戸市外国語大学、パソナ、JBCCホールディングス
RCMS3,000カンロ、国際興業、國學院大學博物館、グローリー
Blue Monkey1,600クレディセゾン、日本サニパック、サントネール
WebRelease2800凸版印刷、立教大学、古河電気工業、理想科学工業、日本ユニシス
Vibit CMS Neo800JUKI、イオンエンターテイメント、日本アジア投資
NOREN730伊藤忠商事、AGC、大阪ガス、関西電力、神戸製鋼グループ
SITE PUBLIS630Y!mobile、TSUTAYA、au、KAGOME
HeartCore550西武鉄道、東急百貨店、日比谷花壇、日本航空
SITEMANAGE500伊藤園、京急ストア、日信化学工業
infoCMS430王子ホールディングス、東京計器、新川、山一電機
ALAYA180出光興産、東京大学、国土交通省、観光庁
ShareWith170マネックスグループ、東北特殊鋼、名村造船所、ジャムコ

商用CMSツール(導入数非公開)

CMSツール名導入企業
Adobe Experience Manager(AEM)ヤマハ、全日本空輸、びゅうトラベルサービス、花王
HubSpot(CMS)NTT PCコミュニケーションズ、ランスタッド、ロイヤルホテル
SitecoreJAF、東北電力

オープンソースCMSツール

CMSツール名導入企業
baserCMSALSOK介護、オーディオテクニカフクイ、赤間関硯本家 玉弘堂
concrete5ピーチアビエーション、コニカミノルタ、武蔵野音楽学園、三協グループ
DrupalH.I.S、毎日新聞、沖縄科学技術大学院大学、NASA、LUSH
MODX王子製紙、武蔵野学院、エスタススポーツクラブ、プレックス、大和郡山市
WordPressZOZO、RIZAPグループ、ヤマサ醤油、Sansan、ウォルトディズニー
シラサギ徳島大学、芦別市、島田市、南アルプス市、天城町

 

タイトルとURLをコピーしました